市川 雅士

ICHIKAWA Masashi

経歴

date body
平成15年 一橋大学法学部卒業
平成19年 東京大学法科大学院修了
平成20年 弁護士登録(第二東京弁護士会)
平成21年~同30年 森・濱田松本法律事務所勤務
平成27年 ニューヨーク大学ロースクールLL.M.課程修了
平成27年~同28年 レイサム&ワトキンス(ブリュッセルオフィス)出向
平成28年 米国ニューヨーク州弁護士登録

著書・論文等

date body
平成31年 『別冊NBL 168号 実務担当者のための欧州データコンプライアンス -GDPRからeプライバシー規則まで』
共著、商事法務
平成30年 「経済事犯に見る米国の捜査協力型司法取引」
季刊刑事弁護95号
同年 『独占禁止法と損害賠償・差止請求』
執筆協力、中央経済社
平成29年 『企業訴訟実務問題シリーズ 独禁法訴訟』
共著、中央経済社
平成27年 『刑事弁護フロンティア』
共著、現代人文社
平成26年 『条解 独占禁止法』
共著、弘文堂
同年 「平成25年改正独占禁止法の論点」
共著、NBL1022号(2014年4月1日号)
同年 「審判制度廃止等にどう備える? 改正独占禁止法とその対応」
共著、ビジネス法務2014年5月号
平成22年 「ブレイクスルー思考的弁護活動の一例」
季刊刑事弁護61号

セミナー

date body
平成31年 「司法取引・刑事免責に関する研修 -アメリカでの運用と日本で起こり得る問題とは」
第二東京弁護士会刑事弁護委員会主催定例研修
平成28年 「日本とEUの個人情報保護法制に伴う社内調査と危機管理 ~日本企業が直面する新たなリーガルリスクとディスカバリー対策」
コンシリオ合同会社主催セミナー
平成27年 アメリカ法曹協会(American Bar Association)主催・2015 Asia Forumにおけるパネルスピーカー
「Foundations of Privilege / Confidentiality: How to Practice Ethically Across Multiple Jurisdictions - the Ethics Minefields for Lawyers Practicing in Key Asian Jurisdictions」

所属団体

body
競争法フォーラム(Japan Competition Law Forum)会員