清水 節

SHIMIZU Misao

経歴

date body
昭和52年 東京大学法学部卒業
昭和54年 司法研修所修了
昭和54年~同57年 横浜地方裁判所
昭和57年~同60年 徳島地方・家庭裁判所
昭和60年~平成元年 東京家庭裁判所
平成元年~同4年 東京国税不服審判所
平成4年~同8年 津地方・家庭裁判所 四日市支部
平成8年~同12年 東京高等裁判所(知的財産部)
平成12年~同15年 那覇地方・家庭裁判所(部総括)
平成15年~同16年 東京高等裁判所(知的財産部)
平成16年~同22年 東京地方裁判所(知的財産部・部総括)
平成22年~同23年 知的財産高等裁判所
平成23年~同25年 徳島地方・家庭裁判所長
平成25年~同29年 知的財産高等裁判所(部総括)
平成29年~同30年 知的財産高等裁判所長
平成30年 弁護士登録(第二東京弁護士会)

著書・論文等

date body
平成30年 「座談会-養育費に関する課題」
『家事法の理論・実務・判例 2』所収、勁草書房
同年 「『国際知財司法シンポジウム2017』の概要報告」
共著、判例タイムズ1444号(2018年3月号)
同年 「著作権訴訟の難しさと楽しさ」
コピライト682号(2018年2月号)
同年 「新春鼎談 国際化に対応した知財司法の取組」
特許ニュース14601号(2018年1月5日号)
平成29年 「国際化する知財紛争への対応―知財高裁による国際シンポジウムの開催」
NBL1105号(2017年9月1日号)
同年 「応用美術に関する裁判例について」
『土肥一史先生古稀記念論文集・知的財産法のモルゲンロート』所収、中央経済社
平成28年 「表現とアイディア〔城の定義事件〕(平成6.4.25東京地判)」
『著作権判例百選(第5版)』(別冊ジュリスト231号)所収
同年 「日本弁理士会中央知的財産研究所設立20周年記念公開フォーラム『進歩性について―更なる研究』」
パテント69巻14号(2016年11月号)(別冊パテント16号)
同年 「応用美術に対する著作権による保護について―知財高裁平成27年4月14日判決『TRIPP TRAPP事件』を中心として<講演録>」
コピライト663号(2016年7月号)
同年 『Q&A商標・意匠・不正競争防止の知識100問』
編著者、日本加除出版
同年 「無効の抗弁と訂正の再抗弁の審理及び問題点について(知財高裁10年の回顧と今後の知財高裁の使命 判例形成における知財高裁の役割)<講演>(東京弁護士会知的財産権法部)」
パテント69巻3号(2016年3月号)
同年 「著名な歌手名の商標について『LADY GAGA』事件を題材にして」
『野村豊弘先生古稀記念論文集・知的財産・コンピュータと法』所収、商事法務
平成27年 「この10年の進歩性の判断について」
判例タイムズ1413号(2015年8月号)
同年 「知的財産高等裁判所10周年の回顧と展望<座談会>」
判例タイムズ1412号(2015年7月号)
同年 「裁判官からみた進歩性 東京高裁・知財高裁における裁判例を中心として」
『飯村敏明先生退官記念論文集・現代知的財産法実務と課題』所収、発明推進協会
平成26年 「営業秘密をめぐる現状と課題<座談会>」
ジュリスト1469号(2014年7月号)
平成25年 「平成24年著作権法改正について」
『知財立国の発展へ―竹田稔先生傘寿記念』所収、発明推進協会
同年 『Q&A著作権の知識100問』
編著者、日本加除出版
同年 「審判請求時の補正とその却下の決定について(平成23.10.4知財高判)」
『知的財産権 法理と提言―牧野利秋先生傘寿記念論文集』所収、青林書院
平成24年 「新たな引用発明と拒絶理由通知の必要性(平成21.9.16知財高判)」
『特許判例百選(第4版)』(別冊ジュリスト209号)所収
同年 「再審の訴えに関する特許法改正」
ジュリスト1436号(2012年1月号)
平成23年 「職務発明と対価」
法の苑54号(2011年5月号)
同年 「進化する知的財産訴訟に向けての検討と課題<座談会>」
Law&Technology50号(2011年1月号)
同年 「特許権侵害訴訟における国際裁判管轄」
Law&Technology50号(2011年1月号)
平成20年 「無効の抗弁(特許法104条の3等)の運用と訂正の主張について」
判例タイムズ1271号(2008年8月15日号)
平成12年 『判例先例親族法Ⅲ 親権』
日本加除出版
平成4年 『判例先例親族法Ⅱ 親子』
日本加除出版

その他多数

セミナー

date body
平成30年 「裁判例を通じての特許発明の進歩性について」
平成30年度 北海道大学サマーセミナー
(北海道大学大学院法学研究科主催)
同年 「Doctrine of Equivalents -Based on Judgements in Japan-」
ミュンヘン国際特許法会議
(Equivalent Patent Infringements主催)