柳田 一宏

YANAGIDA Kazuhiro

経歴

date body
平成8年 明治大学法学部卒業
平成11年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了
平成12年 弁護士登録(東京弁護士会)
平成12年 〜 同14年 ハーバード・ロースクール客員研究員
平成15年 ハーバード・ロースクールLL.M.課程修了
平成15年 〜 同16年 クリアリー・ゴットリーブ・スティーン・アンド・ハミルトン法律事務所
(ニューヨーク)勤務
平成16年 米国ニューヨーク州弁護士登録
同年 米国連邦倒産裁判所(カリフォルニア)勤務
平成16年 〜 同17年 アリックス・パートナーズ
(ニューヨーク、ターンアラウンドマネジメント部門)勤務
平成18年 〜 同22年 西村あさひ法律事務所勤務
平成23年 〜 現在 株式会社大和ネクスト銀行 社外監査役
平成23年 〜 現在 世界銀行(ワシントンD.C.)倒産・事業再生に関するタスクフォース 検討委員
平成24年 〜 現在 ハーバード・ロースクール リーダーシップカウンセル
平成27年 〜 現在 公益財団法人畠山文化財団 理事
平成27年 〜 現在 公益財団法人畠山記念館 理事

外部評価・メディア

date body
平成29年 コメント記事掲載
(「東芝再建 ようやく一歩」、日本経済新聞、9月21日)
同年 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(9月20日)
インタビュー出演
同年 インタビュー記事掲載
(「東芝半導体、残る訴訟リスク 米裁判所が判断見送り」、
日本経済新聞(電子版)、7月15日)
同年 インタビュー記事掲載
(「東芝メモリ売却いまだ契約ならず、裁判所の判断見極めか-国際弁護士」、
ブルームバーグニュース(7月6日配信))
同年 インタビュー記事掲載
(「米で再建、事業保護を重視 チャプター11、日本企業も関係深く」、
日経産業新聞(7月3日))
同年 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(6月28日)
インタビュー出演
同年 インタビュー記事掲載
(「どうなる東芝、こう見る弁護士  続くWDとの対立」、日本経済新聞(電子版)、6月23日)
平成28年 日本経済新聞社主催「企業が選ぶ弁護士ランキング(2016年)」
企業法務分野 第5位
平成27年 日本経済新聞社主催「企業が選ぶ弁護士ランキング(2015年)」
企業法務分野 第4位
平成26年 日本経済新聞社主催「企業が選ぶ弁護士ランキング(2014年)」
企業法務部門 第10位
平成25年 日本経済新聞社主催「2013年に活躍した弁護士ランキング」
企業法務部門 第9位 及び 外国法部門 第7位
平成24年 日本経済新聞社主催「2012年に活躍した弁護士ランキング」
企業法務部門 第13位 及び 外国法部門 第8位

著書・論文等

date body
平成29年 「東芝・WD事件にみる仲裁条項の限界」
NBL(1103(2017年8月1日)号)
同年 「海外子会社管理のポイント(前編・後編)」
株式会社中国銀行発行 Chugin Global Newsちゅうぎん海外ニュース
(2017年5月号及び2017年6月号)
平成28年 「中小企業等に関する倒産制度のあり方-世界銀行ICR Task Force
Meetingへの参加報告(2016年)」
NBL(1088(2016年12月15日)号)
同年 「世界銀行ICR Task Force Meetingへの参加報告」
NBL(1070(2016年3月15日)号)
平成27年 「英文契約で陥りやすい失敗を避けるポイント」
Business Law Journal(2015年5月号)
平成26年 「海外子会社管理のポイント-リスクベース・アプローチと不祥事から
得られる教訓」Business Law Journal(2014年10月号)
平成25年 「インサイダー取引防止の実態」座談会記事、
Business Law Journal(2013年12月号)
同年 「法務部と法律事務所の役割分担 弁護士への積極的アウトソーシング」
対談記事、Business Law Journal(2013年5月号)
平成24年 「事業家管財人が活躍した民事再生事例~経営体制刷新の手段としての
管理命令の活用」共著、金融法務事情(1942号)
平成23年 『アメリカ事業再生の実務』共著、金融財政事情研究会
同年 『企業倒産・事業再生の上手な対処法』共著、民事法研究会
同年 『私的整理計画策定の実務』共著、商事法務
平成20年 「国際倒産事件における法廷地コントロール」
国際商事法務(Vol.36 No.1~3)
平成18年 「Japan’s New Laws on Business Reorganizations: An Analysis」
米国連邦倒産裁判所Samuel L. Bufford判事との共著
Cornell International Law Journal, Vol.39 No.1 Winter
平成11年 「国際的訴訟競合~移送制度借用の試み~」早稲田大学大学院法研論集

セミナー

date body
平成29年 「独占禁止法セミナー ~違法な協調行動を中心に~」
クライアント向け社内セミナー
平成28年 「海外子会社有事対応のポイント」クライアント向け社内セミナー
同年 「海外子会社管理の実務上のポイント」
レクシスネクシス・ジャパン株式会社主催セミナー
同年 「変革期におけるアジアビジネス~法務リスクへの対応」
中国銀行上海駐在員事務所開設20周年記念式典基調講演
同年 「企業のガバナンスと取締役」顧問会社様向け社内セミナー
平成27年 「コーポレート・ガバナンスと役員に期待される役割・責務」
顧問会社様向け社内セミナー
同年 「技術契約と知的財産の取扱いについて」顧問会社様向け社内セミナー
同年 「契約実務の基礎 ~取引基本契約を中心に~」顧問会社様向け社内セミナー
平成26年 「英文契約の読解法」顧問会社様向け社内セミナー
平成25年 「the Insolvency of Natural Persons」
「Financial Inclusion, Responsible Lending, and Insolvency」
世界銀行、国連国際商取引法委員会、INSOLインターナショナル及びフィリピン中央銀行主催・第9回Forum on Asian Insolvency Reform (FAIR)、
パネリストとして
同年 「企業法務の拡充は世界的な傾向か」
商事法務研究会主催・特別講演会、モデレーターとして
同年 「海外におけるM&Aの留意点 ~中国におけるジョイント・ベンチャーを
中心に~」顧問会社様向け社内セミナー
同年 「タイにおける債権回収と事業撤退の法律実務」商事法務研究会主催
平成24年 「契約に潜むリスク~その交渉から履行まで~」顧問会社様向け社内セミナー
平成23年 世界銀行(ワシントンD.C.)倒産・事業再生に関するタスクフォースにおける
パネルスピーカー
Insolvency and Creditor / Debtor Regimes Task Force
「Best Practices in the Insolvency of Natural Persons」
平成22年 IPBA第20回シンガポール年次総会におけるパネルスピーカー
「Restructuring of Distressed Corporations
- Opportunities for Cross-Border Investment」